未分類

相談する際のポイント

遺産問題は非常に複雑で、故人が亡くなる悲しみと、残される遺産が絡み合ってしまい、相続人同士で深刻なトラブルになることも多いものです。そうしたトラブルを避けるためにも、いち早く専門家に相談するのが最善策で、税理士はあらゆる相談に対して柔軟に対応してくれるので安心です。相続に際して、実は生前にその対策を相談することも可能です。

終活最近では、生前に被相続人が存命中から遺産相続に関して準備を行なうといった、終活対策される方も随分と増えてきています。確かに親心としては、残された財産による家族の確執は一番避けたいところでしょう。これは、相続人同士のトラブルを防ぐとともに、相続税による重い負担を避けるといった意味合いも含まれています。

生前贈与という方法もあり、これから将来を担っていく子供や孫に対して、一定の財産を移動させておくといったことも効果的な方法となっています。また、相続時に税理士へと相談することも問題はなく、節税含めた相続税の申告や特例を利用した節税対策、被相続人の財産調査、相続税の還付、遺産分割協議書作成などのサポート、アドバイスを行ってくれます

未分類

経験豊富な税理士

相続問題で、実績を持つ職業には、法律に強い専門家である弁護士、不動産などに専門性を持つ司法書士、相続に関する書類作成専門家である行政書士、税金やお金に専門性を持つ税理士などの資格者がいます。どの職業に関しても相続に携わることができますが、それぞれに専門性を持っているため、その選択肢はある程度絞り込まなければなりません。

税理士税理士は、お金そのものに強く、経験豊富な税理士はあらゆる相続に関した知識とノウハウを持っています。そのため、税理士の相続に関する業務は幅広く、相続税申告や税務調査のサポート、節税対策や土地、不動産などの運用、贈与税のサポート、財産調査など、およそ相続に関するほとんどのサポートが行える職業と言えます。

もちろん、遺産相続によるトラブルが起きた場合でも、相談相手としてサポートしてくれますので、安心して任せることもできるでしょう。税理士の強みは、何と言ってもお金と税金に非常に強く、専門家ということもあり、先を見据えた対策が行えるというところにあります。税務上のアドバイスはもちろんのこと、確定申告などの手続きまですべてサポートしてくれますので、最初から最後までお任せすることができます。

次ページ→相談する際のポイント

未分類

相続対策と相続相談

普段、ほとんど関わることのない遺産相続ですが、身内の不幸は突然訪れることも多く、お葬式や身辺の整理など、慌ただしく時が流れていくものです。しかし、故人がある程度の遺産を残していた場合、遺産相続の問題も急を要することも多く、適切な処理で素早く対処することも非常に大事なポイントとなります。また、法的にも疎い、身内同士で相続相談に行ってしまうと、下手なトラブルへと発展してしまう可能性もあり、相続問題には専門家による相続相談も行った方が間違いがありません。

相続相談遺産を受け取る資格のある相続人は法定相続人と呼ばれますが、民法による遺産相続の規定だけではなく、遺言書などが存在する場合、故人である被相続人の遺言が強い効力を発揮します。また、相続の受け取りについて、遺産はプラスの遺産とマイナスの遺産が存在し、プラスの遺産は預金や株券、貴金属や不動産などと資産として価値のあるものですが、マイナスの遺産は故人による負債そのものですので、誤って相続を受けてしまうと、大きな借金を抱え込むことにもなりかねません。

土地、または建物など、不動産が相続された場合、遺産としての価値は評価価格が基本となります。たとえ、建築当時数億の不動産だったとしても、年数が経つにつれ家屋の評価額は下がっていき、資産そのものが実質土地だけの価値しかない場合もあり、改修費に多大な費用がかかってしまう場合もあります。いずれにせよ、相続の問題は専門のプロによる相続相談によって、そのほとんどが解決できるでしょう。

次ページ→経験豊富な税理士