相談する際のポイント

遺産問題は非常に複雑で、故人が亡くなる悲しみと、残される遺産が絡み合ってしまい、相続人同士で深刻なトラブルになることも多いものです。そうしたトラブルを避けるためにも、いち早く専門家に相談するのが最善策で、税理士はあらゆる相談に対して柔軟に対応してくれるので安心です。相続に際して、実は生前にその対策を相談することも可能です。

終活最近では、生前に被相続人が存命中から遺産相続に関して準備を行なうといった、終活対策される方も随分と増えてきています。確かに親心としては、残された財産による家族の確執は一番避けたいところでしょう。これは、相続人同士のトラブルを防ぐとともに、相続税による重い負担を避けるといった意味合いも含まれています。

生前贈与という方法もあり、これから将来を担っていく子供や孫に対して、一定の財産を移動させておくといったことも効果的な方法となっています。また、相続時に税理士へと相談することも問題はなく、節税含めた相続税の申告や特例を利用した節税対策、被相続人の財産調査、相続税の還付、遺産分割協議書作成などのサポート、アドバイスを行ってくれます